常駐アプリの確認方法と無効にする方法

   


常駐アプリ。
スマホなどで聞いたことがある言葉かもしれませんが、Windows10でも常駐アプリという言葉があります。
今までのWindowsでは、常駐ソフトという言い方をしていたので、その言葉の方がしっくりくる方が多いかもしれませんね。
今回は常駐アプリと、その確認方法についてご紹介いたします。

常駐アプリって?

常駐アプリとは、Windows10を起動したときに自動的に起動するアプリのことです。
自動的に起動するため、いつでも使える状態になっています。また、ウイルス対策ソフトのように常に動いて監視しているアプリなども常駐アプリに含まれます。
常駐アプリはあまりに多すぎると挙動が遅くなったり、起動が遅くなったりします。そのため、いらない常駐アプリは無効にしておく方がパソコンの高速化に期待ができます。

常駐アプリの確認・無効方法

  • タスクマネージャーを起動します
    ※起動方法は『Clrl+Alt+Delete』から。もしくはスタートメニュー上で右クリックからなど
  • タスクマネージャーが起動するので、『詳細』をクリックし、詳細を表示

タスクマネージャー


スポンサードリンク
  • 『スタートアップ』タブをクリックします。すると常駐アプリの一覧が表示されます
    ここから無効にしたいアプリを選択し、『無効にする』をクリックすると無効にすることができます

常駐アプリ


教えるよ

 

普段、あまり意識しない常駐アプリ。
この方法を使い、何が常駐アプリになっているか確認しておきましょう。
また、常駐アプリの無効はトラブル時に原因の切り分けにも有効です。

 

【前ページ】TOPページへ

 - トラブルシューティング, 操作方法, 設定・カスタマイズ ,