『システムの復元』を有効にする方法

   


トラブルや不具合などがあった場合に、正常だった状態まで戻すことが可能な便利な機能である『システムの復元』。
ですが、初期設定では無効になっている可能性もあります。以下の方法で『システムの復元』を有効にしましょう。

システムの復元

システムの復元には、システムドライブの空き容量が必要になります。
システムドライブの空き容量が少ないタブレットパソコンなどではディスク容量が少なくなってしまうので、有効にしないという手もあります。有効にする場合は、空き容量などと相談して実行してください。

システムの復元を有効にする手順

  • スタートメニューから『すべてのアプリ』をクリック

システムの復元

  • 『Windows システム ツール』内の『コントロールパネル』をクリック。

システムの復元

  • 開いたコントロールパネルから『システムとセキュリティー』をクリック。

システムの復元

  • 『システム』をクリック。

スポンサードリンク

システムの復元

  • 『システムの保護』をクリック。

システムの復元

  • 開いたシステムのプロパティ画面から、使用するドライブを選択し、『構成』をクリック。

システムの復元

  • 『システムの保護を有効にする』を選択し、『最大使用量』を増やします。その後、『適用』、『OK』とクリックします。
    ※『最大使用量』はディスクの使用量のことです。これを増やすほど『システムの復元』に使用するディスク容量が大きくなります。

システムの復元

『システムの復元』関連記事

 『システムの復元』の使い方を知ろう!
 【システムの復元】復元ポイントを作ろう!

現在準備中


教えるよ

 

システムの復元を有効にしておけば、システムの復元ポイントへと
設定を戻すことが可能です。
ですがこれを有効にするとディスク容量を消費してしまういうことも
頭に入れておいてください!

【前ページ】TOPページへ
【システムの復元関連一覧】『システムの復元』の使い方を知ろう!

 - トラブルシューティング, 操作方法, 設定・カスタマイズ , ,