タブレットモードで操作してみよう!

      2016/03/15


Windows10はタブレット向けのOSでもあると説明しました。
そのため、タブレットで操作しやすい『タブレットモード』が搭載されています。

タブレットモードタブレットモードの画面。
スタートメニューが全画面表示となっている。

タブレットモードとは?

タブレットモードとは、タブレットPCを操作するのに適したモードです。
入力欄をタップするとタッチキーボードが表示されます。また、スタートメニューのアプリが全画面表示になり、タッチしやすくなるなど、タッチ操作に特化したモードと言えるでしょう。

タブレットモード2キーボードが接続されていなくても、タッチキーボードが表示されるので文字入力が可能。

 

タブレットモードにするには?

タブレットモードのオンオフは、アクションセンターのクイックアクションから変更する方法と設定から変更する方法があります。

アクションセンターから操作する方法

  1. アクションセンターをクリックします。
  2. クイックアクションから『タブレットモード』をクリック。

タブレットモードオン

 

設定から操作する方法

  1. スタートメニューから設定を開きます。
  2. システムをクリックします。
  3. 『タブレットモード』というタブをクリックし、画面右に表示されたオン・オフをクリックします。

スポンサードリンク

タブレットモード設定1設定画面が開いたらシステムをクリック。

タブレットモード設定2『タブレットモード』というタブをクリック。
そして右側にあるオンオフで切り替えます。

どんな風に便利なの?

タブレットモードでは、タッチによる操作が行えるのでスマホやタブレット端末のようにPCを使用することができます。
タッチ操作でスナップ表示も可能です。

タブレットモード3スナップ表示で左半分にブラウザを。右半分にストップウォッチを表示しています。

タブレットモードでは画面の自動回転にも対応しています。
見やすいように横持ち、縦持ちを切り替えることも可能です。

タブレットモード4縦持ちをした時の画面。

 


 

教えるよ

タッチ操作に特化した『タブレットモード』。
スマホ感覚で使うことができるし、キーボードがない
ので持ち運びがラクチン♪
タブレットモードにしなくてもタッチ操作は可能なので、
両方使ってみて使いやすい方を使いましょう!

【前ページ】Windows10の変更点や便利な機能・魅力を紹介!

 - 変更点・便利な機能 ,